• 本

僕の耳に響く君の小説(うた)

小学館文庫 Cあ1−2 キャラブン!

出版社名 小学館
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-09-406572-5
4-09-406572-5
税込価格 693円
頁数・縦 311P 15cm

商品内容

要旨

僕と冬月は大学文芸部の同期。互いのために小説を書き合い、やがて互いに恋心を抱くように。ある日、冬月だけが大手出版社の小説新人賞を受賞。僕は醜くも嫉妬する。受賞の知らせの日は、彼女に告白しようとしていた日でもあったのに。そして二人のぎくしゃくした関係が何年も続き、冬月はある夜突然死んだ。その日、僕は彼女の誘いをむげに断っていた…。冬月への想いや後悔を持てあましたまま、彼女が最後に行きたがっていたカフェを訪ねると、冬月そっくりの少女がいて!?恋心と才能への嫉妬の狭間で、失った大切な愛を描く!小説に引き寄せられ、小説に引き裂かれた青春純愛物語。

出版社・メーカーコメント

恋心と才能への嫉妬の狭間で揺れる青春純愛人気絶頂の女性作家、27歳の冬月朧が死んだ。朧が死んだ日、朧と大学文芸部の同期だった朔太郎は、朧に会いたいと言われていたがむげに断っていた。二人は大学時代、お互いのために小説を書くことがなにより楽しく、夏休みもカフェで小説を書き合い、やがて互いに恋心を抱くように。そんな中、朧だけが小説家デビュー。以来ずっと朔太郎は、朧の才能への嫉妬を抱くようになってしまう。そしてぎくしゃくした関係が何年も続いていたなかでの、朧の死。朔太郎は朧の死をどう受け止めていいのかわからない日々を過ごしていた。そんなある日、朧が死んだ日に会いたがっていたカフェに、朔太郎は足を運んだ。するとそこには朧そっくりの少女がいて…!恋心と才能への嫉妬の狭間で失った大切な恋を描いた、青春純愛!小説に引き寄せられ、小説に引き裂かれた恋とは!?切ない恋に涙があふれる!

著者紹介

安倍 雄太郎 (アベ ユウタロウ)  
「君のいない町が白く染まる」で第18回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー。東京都出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)