• 本

小学館文庫 さ37−3 死ぬがよく候 3

出版社名 小学館
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-09-406683-8
4-09-406683-7
税込価格 715円
頁数・縦 309P 15cm

商品内容

要旨

日本一の盗賊霞の丑松か否かを見極めてほしいと、越後出雲崎の代官に頼まれた伊坂八郎兵衛。拷問蔵へと渋々向かったが、縄で繋がれた男を目にした途端、勘が働いた。素知らぬ顔で数日―。出雲崎から離れ、小千谷で宿を取った八郎兵衛に、泣きぼくろのある女が近づいてきた。嘘か真か、女は丑松の情婦おきくと名乗り、丑松殺しを引き受けてくれとまで言う…。賞金首となりながらも、次々に襲いかかる刺客たちを返り討ちにする八郎兵衛。しかし、中山道板橋宿で思いも寄らぬ“七曲がりの罠”が仕掛けられていた!?悪党を薙ぎ倒す、大反響の剣豪放浪記第三弾!

おすすめコメント

大人気シリーズ『鬼役』の作家が放つ、会心の剣豪流浪小説第3弾!

著者紹介

坂岡 真 (サカオカ シン)  
1961年、新潟県生まれ。花鳥風月、義理人情を妙味溢れる筆致で描く、実力派の時代・歴史小説作家。2012年、将軍家毒味役を務める御膳奉行に材を取った「鬼役」(光文社時代小説文庫)シリーズが大ヒット、リイド社でコミックも刊行中。人気シリーズが多数ある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)