• 本

無双のよろめき 徒目付情理の探索

小学館文庫 Jあ02−2 小学館時代小説文庫

出版社名 小学館
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-09-406854-2
4-09-406854-6
税込価格 704円
頁数・縦 260P 15cm

商品内容

要旨

「拙者が斬った。相違ない」公儀徒目付の望月丈ノ介に、道場主の大瀬良兵部が答えた。倒れているのは、師範代の安井勘兵衛と門人筆頭の小川庄助。大瀬良によれば、道場の切り盛りの仕方で安井と小川が口論となり、逆上した安井が小川を斬り、さらに己にまで刃を向けてきたため、やむなく、安井を斬ったという。検分を終えた丈ノ介は、相棒の福原伊織に報告したが、「大瀬良の話を鵜呑みにしただけだ」と辛辣な言葉を投げかけられてしまう。御前試合で五連覇を達成、天下無双と称賛された大瀬良をどう裁くのか?情に厚い剣術遣いと、抜群の知恵をもつ甘味好きの二人組が事件を看破する、第二弾!

著者紹介

青木 主水 (アオキ モンド)  
1961年、岐阜県出身。大学卒業後、会社員を経て、起業。ライターに転身。歴史をテーマとした記事を執筆後、『徒目付 情理の探索 純白の死』にて小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)