• 本

殻割る音

小学館文庫 な36−1

出版社名 小学館
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-09-406856-6
4-09-406856-2
税込価格 726円
頁数・縦 280P 15cm

商品内容

要旨

室本さくらは受験勉強に励む小学六年生。ある日、調理実習で作ったスクランブルエッグが絶賛され料理の楽しさに目覚める。だが母は娘が料理に夢中になることに否定的で、なぜか煮え切らない態度だ。受験と両立させることを条件にキッチンに立つのを許されたさくらの願いは「お母さんと一緒に料理がしたい」。頑張りを見てもらおうとオムレツをマスターすると決意、周囲の力も借りて試行錯誤するがなかなか上手くいかない。焦ったさくらは、母とのある約束を破ってしまい…。さくらは両親に最高のオムレツを振る舞うことができるのか。母と娘の、受験&料理奮闘記。

出版社・メーカーコメント

さくらは中学受験生。ある日の調理実習でスクランブルエッグを絶賛され、料理の楽しさに目覚める。

著者紹介

中村 汐里 (ナカムラ シオリ)  
1983年、静岡県静岡市生まれ。同志社大学文学部中退。風吹柳花名義で、平成30年度「静岡市民文芸」児童文学部門市長賞を受賞。「第一回日本おいしい小説大賞」で最終候補に選出された『殻割る音』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)