• 本

突きの鬼一 〔7〕

饗宴

小学館文庫 Jす01−11 小学館時代小説文庫

出版社名 小学館
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-09-407037-8
4-09-407037-0
税込価格 880円
頁数・縦 400P 15cm
シリーズ名 突きの鬼一

商品内容

要旨

お家騒動で殺された桜香院の四十九日法要は御成道沿いの天栄寺で行われた。葉桜に目をやり、母の思い出に浸るかとみえた一郎太が場所柄もわきまえず、博打場に行くぞ、と言い出した。呆れ果てて絶句する神酒藍蔵と興梠弥佑。博打には勝ったが、好事魔多し。大川を舟で戻る途中、四艘の猪牙舟に襲われる屋形船に遭遇する。火矢が放たれ、炎に包まれた屋形船に飛び移った一郎太が目にしたのは、幕府の要人と思しき二人の人物。しかも、その一人には見覚えがあった。江戸を舞台に一郎太の新たなる人生が始まる!累計22万部、好評書き下ろし痛快時代小説第7弾!

出版社・メーカーコメント

屋形船を取り囲む四艘の猪牙舟から火矢が放たれた。炎に包まれる屋形船めがけ、一郎太が見せる八艘飛び!何とか撃退した一郎太も無事ではすまなかった。狙われたのは幕府の要人二人。事件は思わぬ方角に飛び火する!

著者紹介

鈴木 英治 (スズキ エイジ)  
1960年静岡県生まれ。1999年、『駿府に吹く風』(刊行に際して『義元謀殺』に改題)で第一回角川春樹小説賞特別賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)