• 本

海をゆくイタリア

小学館文庫 う13−3

出版社名 小学館
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-09-407053-8
4-09-407053-2
税込価格 726円
頁数・縦 285P 15cm

商品内容

要旨

ポルトフィーノ、カプリ、パレルモ、タオルミーナ、ヴェネツィアほか12都市を海から訪問。食べて飲んで星の下で眠った。美しい帆船ラ・チチャ号でイタリア半島を旅した140日間、宝物のような航海日誌。

目次

第1部 イタリア半島西側航路(航海日誌のはじめに
第1航路 サンレモ(リグリア州)〜ポルトフィーノ(リグリア州)
第2航路 ポルトフィーノ〜エルバ島(トスカーナ州) ほか)
第2部 イタリア半島南部航路(第5航路 カプリ島〜エオリエ諸島(シチリア州)
第6航路 パレルモ(シチリア州)〜タオルミーナ(シチリア州)
第7航路 タオルミーナ〜バーリ(プーリア州) ほか)
第3部 イタリア半島東側航路(第9航路 トレミティ〜ペスカーラ(アブルッツォ州)
第10航路 ペスカーラ〜ラヴェンナ(エミリア・ロマーニャ州)
第11航路 ラヴェンナ〜ヴェネツィア(ヴェネト州) ほか)

出版社・メーカーコメント

さあ、埃にまみれた六分儀を磨いて羅針盤と気圧計を睨み、ともに帆をあげましょう! カプリ、シチリア、トリエステ。海峡を越え、静寂の湾に入り、そして母なる港へ…。もうひとつのイタリアに出会う、140日間の船の旅。

著者紹介

内田 洋子 (ウチダ ヨウコ)  
1959年神戸市生まれ。東京外国語大学イタリア語学科卒業。通信社ウーノアソシエイツ代表。2011年『ジーノの家 イタリア10景』で日本エッセイスト・クラブ賞、講談社エッセイ賞を受賞。19年ウンベルト・アニエッリ記念ジャーナリスト賞、20年金の籠賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)