• 本

ムショぼけ

小学館文庫 お41−1

出版社名 小学館
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-09-407061-3
4-09-407061-3
税込価格 814円
頁数・縦 316P 15cm

商品内容

要旨

大阪刑務所の門の前に40過ぎの男がひとり立っている。陣内宗介、元ヤクザ。14年ぶりのシャバだ。組のために銃を握って服役したのに、5000万円の見返りどころか、破門になった。妻も子供も離れていった。陣内は還暦すぎたオカンと2人暮らしを始め、カタギになった元若頭の内装屋で仕事を始める。ユーチューバーになって調子こいている元舎弟を呼び出してドヤしつけると、元舎弟にメッセージが届いた。「その人、私の父かもしれません」。送り主は、14年会っていなかった娘だった―。怒って、ヘコんで、笑って、泣いて。ムショぼけ男が駆け抜ける。

出版社・メーカーコメント

長期服役から社会復帰し、拘禁病(いわゆるムショぼけ)を抱える男が、ヤクザとカタギと家族と仲間と、日常を死にもの狂いで生きる――「元ヤクザ幹部」の異能の小説家が放つ、新時代の傑作エンタテインメント小説。

著者紹介

沖田 臥竜 (オキタ ガリョウ)  
1976年2月生まれ。兵庫県尼崎市出身。16年に小説家としてデビューし、現在は映画やドラマの監修なども務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)