• 本

書くインタビュー 4

小学館文庫 さ4−13

出版社名 小学館
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-09-407062-0
4-09-407062-1
税込価格 858円
頁数・縦 379P 15cm
シリーズ名 書くインタビュー

商品内容

要旨

書き下ろし長編『月の満ち欠け』が、第一五七回直木賞候補にノミネートした。ところがインタビューでは、このニュースがまったく話題にのぼらない。しびれを切らした作家から回答メールが届いたのは、直木賞の選考会が行われるまさに当日だった―。受賞会見で抱いた本音はもちろんのこと、「文学上の引きこもり」を自認する作家が名だたる文士たちと遭遇し(?)、聞き手と「なりすましメール」を送り合い、さらには作家の盛田隆二さんをゲストに迎えて濃密な小説談義をくり広げるなど、話題たっぷりの往復メール集。“書く”からこそ明かされる小説名人の胸の内。

目次

1 かりそめの衣(小説のタイトル
二〇一七年 ほか)
2 実感(佐藤正午騒動
実感 ほか)
3 前略どんぐり先生(四半世紀後の謎解き
前略どんぐり先生 ほか)
4 胎動(お休み期間中
しばらくです東根さん ほか)

出版社・メーカーコメント

映画『鳩の撃退法』の原作者であり、小説名人の佐藤正午さんがメールでインタビューに応じるシリーズ第4弾。直木賞の選考会当日に作家がメールで語ったのは? 予想もつかない名回答に唸る、2年間の往復メール集!

著者紹介

佐藤 正午 (サトウ ショウゴ)  
1955年長崎県生まれ。1983年『永遠の1/2』で第七回すばる文学賞を受賞。2015年『鳩の撃退法』で第六回山田風太郎賞を受賞。2017年『月の満ち欠け』で第一五七回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)