• 本

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男 Based on a true story

小学館文庫 お25−8

出版社名 小学館
出版年月 2011年1月
ISBNコード 978-4-09-408560-0
4-09-408560-2
税込価格 586円
頁数・縦 253P 16cm

商品内容

要旨

一九四四年六月、アメリカ軍はマリアナ諸島サイパンに上陸した。当時サイパンには二万人の民間人が住み、三万人を超える日本兵に守られていたが、アメリカ軍七万人の兵力と火器の前になすすべもなく、生き残った人々は島の中央にそびえるタッポーチョ山へと追い詰められていた。だが、サイパンの完全占領をめざすアメリカ軍の前に敢然と立ちはだかった男がいた。大場栄大尉、誇り高き魂と知略で民間人を最後まで守り抜き、アメリカ軍から「フォックス」と畏れられていた男。太平洋戦争末期の実話をもとに製作された、真実と感動の超大作映画をノベライズ。

出版社・メーカーコメント

2011年2月11日全国公開の同名映画のノベライズ 1944年6月、アメリカ軍はマリアナ諸島サイパン島に上陸した。当時サイパンには2万人の民間人が住み、3万人を超える日本兵に守られていたが、アメリカ軍7万人の兵力と火器の前にはなすすべもなく、生き残った人々は島の中央にそびえるタッポーチョ山へと追い詰められていた。サイパンの完全占領をめざすアメリカ軍、しかしその前に敢然と立ちはだかった男がいた。陸軍歩兵第18連隊、大場栄大尉。誇り高き魂と知略で民間人に生き残ることを選択させ、最後まで彼らを守り抜き、アメリカ軍から「フォックス」と畏れられていた男。太平洋戦争末期の実話をもとに製作された、真実と感動の超大作映画をノベライズ。

著者紹介

大石 直紀 (オオイシ ナオキ)  
1958年、静岡県生まれ。関西大学卒業。98年『パレスチナから来た少女』で日本ミステリー文学大賞新人賞、2003年『テロリストが夢見た桜』で小学館文庫小説賞、06年『オブリビオン〜忘却』で横溝正史ミステリ大賞テレビ東京賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)