• 本

そうだ小説を書こう

小学館文庫 や2−10

出版社名 小学館
出版年月 2012年7月
ISBNコード 978-4-09-408738-3
4-09-408738-9
税込価格 702円
頁数・縦 365P 16cm

商品内容

要旨

山本宏司は、会社を左遷され、妻と離婚しひとり佐賀へやってきた。彼は、対話を拒絶する息子のために小説を書くことで父と子の絆を回復しようと試みるが、問題山積。自分が書いた文章の何がよくないのかさえ判らない始末。そこで彼は、佐賀に住むプロ作家に教えを請うのだが…。試行錯誤を繰り返しながら、新人賞を受賞してプロデビューするまでを描き、主人公と共に小説を書く技術が修得できるという希有な「小説指南小説」。平凡な男が、曲がりなりにも思いを遂げた物語である。山本ひろし名義で刊行された『君だけの物語』を、改題し、大幅に加筆改稿した。

目次

第1章 物語に目覚める
第2章 文章技術を学ぶ
第3章 掌編小説を書き始める
第4章 うぬぼれと挫折
第5章 本当の小説技術を知る
第6章 再挑戦
第7章 君だけの物語を書こう
第8章 書き続けるためのモチベーション

出版社・メーカーコメント

物語を読み進めながら小説の書き方がわかる 本書は、主人公が小説を書くことで、父親として息子との絆を回復する物語であるとともに、何度か挫折を味わいながらも、新人賞を受賞してプロデビューするまでを描いた話である。文中に小説を書く技術がふんだんに取りあげられ、小説の指南書にもなっている。作者の山本甲士が出てくるほか、さまざまな習作が作品として登場する。この作品は、山本甲士が山本ひろし名義で刊行した『君だけの物語』を改題し、加筆改稿したものである。山本宏司は、会社を左遷され、妻と離婚し東京から佐賀へと転勤になった。小学三年生の息子直幸は、友人の万引き騒動で宏司の説教通りに友達を諫めたために逆に孤立してしまい、そのため対話を拒否されてしまった。ある日宏司は、図書館で子供が楽しそうに本を抱えているのを見て、自分も物語を書いてみたいと強く思うようになる。そして、システム手帳にこう書き込んだ。「人生を仕事だけで終えるのか? 物語を作りたい。人々をはらはらどきどきさせたり、わくわくさせたり、あっと驚かせたり、心を揺さぶったりしたい」宏司は、自ら小説の書き方を学んで、その中で佐賀に住む作家、山本甲士に近づいていくが……。

著者紹介

山本 甲士 (ヤマモト コウシ)  
1963年生まれ。『ノーペイン、ノーゲイン』で横溝正史賞優秀作を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)