• 本

坊っちゃん

小学館文庫 な14−2

出版社名 小学館
出版年月 2013年1月
ISBNコード 978-4-09-408787-1
4-09-408787-7
税込価格 473円
頁数・縦 218P 16cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

親譲りの無鉄砲で小供のころから損ばかりして居る―。曲がったことが大嫌いな坊っちゃんは、幼いころから喧嘩やいたずらを繰り返し、家族にずっとうとまれてきた。心配してくれるのは下女の清だけだ。物理学校を卒業し、四国の中学に数学教師の職を得るが、性格の変わろうわけもない。偉かろうが強かろうが、長いものに巻かれて生きてゆくわけにはいかないのだ。シリーズ二百五十万部のベストセラー『神様のカルテ』に大きな影響を与えた偉大な青春小説を、読みやすい新注釈付きでリニューアル。

おすすめコメント

夏目漱石×夏川草介文庫第二弾! 曲がったことが大嫌いで負けん気の強い坊っちゃんは、幼いころからいたずらを繰り返し、家族にうとまれ、可愛がってくれるのは下女の清だけ。学校を卒業し、四国の中学校に数学教師として赴任するが、江戸っ子気質に合わない嫌がらせに、辟易している。学校は、教頭の赤シャツをはじめろくでもない奴ばかり。気の優しいうらなり君が意に沿わない転勤をさせられ、唯一意気投合した山嵐が辞職させられそうにいたっては、黙っていられるものか。赤シャツの天下にはさせまいと、坊っちゃんがついに奮い立つ!たぬき、赤シャツ、野だいこ、うらなり、山嵐。登場人物の名前も楽しい、漱石文学の決定版!【編集担当からのおすすめ情報】 『神様のカルテ』に大きな影響を与えた夏目漱石作品!前回『草枕』に続き特別解説は夏川草介氏(『神様のカルテ』著者)が担当。(解説にかえて−−『坊っちゃん』を読むということ−−)収録。カバーイラストは、『神様のカルテ』『草枕』と同じく、人気イラストレーターのカスヤナガト氏が担当!分かりやすい新注釈付きでおくる、夏目漱石作品の入門書!

出版社・メーカーコメント

夏目漱石×夏川草介文庫第二弾! 曲がったことが大嫌いで負けん気の強い坊っちゃんは、幼いころからいたずらを繰り返し、家族にうとまれ、可愛がってくれるのは下女の清だけ。学校を卒業し、四国の中学校に数学教師として赴任するが、江戸っ子気質に合わない嫌がらせに、辟易している。学校は、教頭の赤シャツをはじめろくでもない奴ばかり。気の優しいうらなり君が意に沿わない転勤をさせられ、唯一意気投合した山嵐が辞職させられそうにいたっては、黙っていられるものか。赤シャツの天下にはさせまいと、坊っちゃんがついに奮い立つ! たぬき、赤シャツ、野だいこ、うらなり、山嵐。登場人物の名前も楽しい、漱石文学の決定版!

著者紹介

夏目 漱石 (ナツメ ソウセキ)  
1867年東京生まれ。東京帝国大学英文科卒。英国留学後の1905年、『吾輩は猫である』を発表し、評判を呼ぶ。その後も『草枕』『三四郎』『こころ』など数々の名作を発表。国民的作家となる。16年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)