• 本

ぼくたちと駐在さんの700日戦争 17

小学館文庫 ま5−17

出版社名 小学館
出版年月 2013年4月
ISBNコード 978-4-09-408815-1
4-09-408815-6
税込価格 734円
頁数・縦 387P 16cm
シリーズ名 ぼくたちと駐在さんの700日戦争

商品内容

要旨

時は一九七〇年代。田舎町に住むヤンチャでムチャでワンパクな男子高校生と町の駐在さんが繰り広げるイタズラ合戦、第十七弾は著者渾身の一作。二年生に進級したママチャリは、クラス分けで仲間と分断されてしまう。おまけに「チクリ小町」というあだ名の女子に、いたずらをことごとく告発され、ストレスは増すばかり。仕返しを画策するが、親友である和美の頼みで、逆に彼女を救うことに。それをきっかけに、二人は急接近。ママチャリは、小町に対して複雑な想いを抱いていく。青春時代のきらめきと切なさを描ききった感動の物語。

目次

From the USA
And I love her
チクリ小町
たくましい雄鶏
疑惑浮上
表彰と代償
口止め
良家
論点ズラしの術
しかけられた罠?〔ほか〕

出版社・メーカーコメント

110万部突破シリーズ!!ついにシリーズ110万部突破!時は1970年代。田舎町に住むヤンチャでムチャでワンパクな男子高校生と町の駐在さんが繰り広げるイタズラ合戦、第17弾。二年生に進級したママチャリは、クラス分けで見事に仲間と分断されてしまう。おまけに「チクリ小町」というあだ名の女子に、いたずらをことごとく告発され、ストレスは増すばかり。なんとか仕返しをしようと画策するが、親友の和美の頼みで、逆に彼女を救うことに。その件をきっかけに、二人は急接近!ママチャリは、小町に対して複雑な想いを抱いていく。この一冊から読んでほしい。青春時代のきらめきと切なさを描ききった感動の物語。

著者紹介

ママチャリ (ママチャリ)  
2006年FC2ブログ内で小説「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」執筆を始める。これがネット中のクチコミで広まり07年に書籍化。08年には映画化された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)