• 本

風立ちぬ/菜穂子

小学館文庫 ほ7−1

出版社名 小学館
出版年月 2013年11月
ISBNコード 978-4-09-408877-9
4-09-408877-6
税込価格 737円
頁数・縦 293P 15cm

商品内容

要旨

重病に冒され、高原のサナトリウムで療養を続ける節子。婚約者である「私」は、美しい自然の中で、生と死に向き合いながら、献身的に節子を支える。「菜穂子」も同時収録。

出版社・メーカーコメント

今に伝えたい、時代を超えた普遍の愛の形 宮崎駿監督「風立ちぬ」が大ヒットし、再び注目を集める作家・堀辰雄。ぜひ若い人にも、映画を観るだけでなく、堀辰雄の愛にあふれる作品世界に触れて欲しいと、刊行しました。この文庫に収録されている作品は、「風立ちぬ」と「菜穂子」。映画のモチーフとなった「風立ちぬ」の物語を楽しめると同時に、映画「風立ちぬ」の主人公の名前となった「菜穂子」という作品を併せて読める、他にはない文庫となっています。堀辰雄の作品世界のみならず、宮崎監督へ思いをはせながら読んでみるのは、いかがでしょうか。カバーは、累計1200万部を誇る大ヒット漫画「僕等がいた」を執筆された小畑友紀氏にお願いし、堀辰雄の世界を美しく透明感溢れる、そして今までにない装画で飾ってくださっています。明治、大正、昭和、平成という時代の流れは変わっても、人を愛するという気持ちに違いがないということ、誰かを守ることで、自分が守られ強くなれることを感じる作品です。どうして今、堀辰雄作品なのか、是非一度手に取って読んでみてください。

著者紹介

堀 辰雄 (ホリ タツオ)  
1904年東京麹町区平河町に生まれる。東京帝国大学国文科卒。室生犀星や芥川龍之介と親交を深める。30年「聖家族」を発表。その後、34年に「美しい村」、38年に「風立ちぬ」、41年に「菜穂子」を発表。自身も結核を患う。53年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)