• 本

されど罪人は竜と踊る 1

ガガガ文庫 ガあ2−1

出版社名 小学館
出版年月 2008年5月
ISBNコード 978-4-09-451072-0
4-09-451072-9
税込価格 755円
頁数・縦 451P 15cm
シリーズ名 されど罪人は竜と踊る

商品内容

要旨

咒式。それは、作用量子定数hを操作し、局所的に物理法則を変異させ、TNT爆薬や毒ガスを生み、プラズマや核融合など途方もない物理現象を巻き起こす方程式。咒式を使う攻性咒武士である二人、不運を機転で乗り切ろうとするガユスと、美貌だが残酷な剣士であるギギナ。“異貌のものども”や賞金首を追う彼らは、エリダナの街に交錯する“竜”との戦いや大国の陰謀に巻きこまれる。ライトノベルの概念を変えた“暗黒ライトノベルの始祖にして最終作”の名を欲しいままにする「されど罪人は竜と踊る」シリーズ第1巻が、大幅加筆され完全真説版となって、ここに新生。

出版社・メーカーコメント

あのビッグシリーズ、ガガガ文庫へ!!あの“暗黒ライトノベルの始祖にして最終作”がガガガ文庫に登場!2003年から2006年、角川スニーカー文庫からリリースされ、旋風を巻き起こした問題作『されど罪人は竜と踊る』シリーズが、再構成&大幅加筆を経て完全真説版となってここに新生!著者浅井ラボ自ら「描かれるべきことをすべて描いた。これが完全版です」と言い切る。咒式。それは、作用量子定数hを操作し、局所的に物理法則を変異させ、TNT爆薬や毒ガスを生み、プラズマや核融合など途方もない物理現象を巻き起こす方程式。咒式を使い、トラブル解決と賞金稼ぎの仕事に明け暮れる攻性咒式士である二人、ガユスとギギナ。ガユスは自ら呼び寄せる不運を機転でどうにか乗り切ろうとし、美貌だが残酷な剣士であるギギナは巨大な屠竜刀で斬りまくる。<異貌のものども>や賞金首を追う彼らは、エリダナの街に交錯する<竜>との戦いや大国の陰謀に巻きこまれていく。策謀を巡らし超大国を牛耳るモルディーン、似ても似つかない双子の最強翼将イェスパーとベルドリトなど、シリーズえを通して絶大な人気を集める多彩なキャラクター達が次々と登場する第1弾!!

著者紹介

浅井 ラボ (アサイ ラボ)  
1974年7月12日生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)