• 本

ジャナ研の憂鬱な事件簿 5

ガガガ文庫 ガさ11−5

出版社名 小学館
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-09-451774-3
4-09-451774-X
税込価格 652円
頁数・縦 295P 15cm
シリーズ名 ジャナ研の憂鬱な事件簿

商品内容

要旨

海新高校ジャーナリズム研究会の啓介と真冬。「真実」への向き合い方の差からすれ違ったまま、真冬はもうすぐ卒業を迎える。啓介は、ユリの提案でかつてのソ連強制収容所で起きた「クリスマスイブの奇跡」について調べることに。その過程で自分の変化を自覚し、真冬がいかに大切な人だったか理解する。「真相」を目の当たりにした啓介は、果たしてどう動くのか?(「ロシアン・ウィスキー・ホーリーナイト」)人気シリーズついに完結!切なく美しい余韻を残す「消えた恋人」「ジャナ研の憂鬱な事件簿」など三つの短編を収録。

出版社・メーカーコメント

「ジャナ研」シリーズ、ついに完結!ユリに連れられ、とある教会を訪れた啓介。そこで『Silent Night』と題された小説と、1枚の写真を見つける。その謎を探るうち、60年程前のソ連強制収容所で起きた「クリスマスイブの奇跡」に行き着く。「謎を解き明かすだけでなく、必要であれば真実の先に踏み込むこと」啓介はこれまで避けてきたことに向き合う決意をし、真冬と話そうとする。(「ロシアン・ウィスキー・ホーリーナイト」)良太郎が「退学する」と言い出した。突然のことに驚きながらも、良太郎のために親友としてできる限りのことをしようとする啓介と大地。徐々に明らかになっていく「綺麗じゃない真実」を前にして、啓介はどう行動するのか――。(「消えた恋人」)卒業式を間近に控えた「追い出し祭」の日。啓介と真冬は、「ジャナ研」の部室で残り少ない時を過ごしていた。校内見学にやって来た少女を介抱することになった二人は、「最後の事件」を一緒に解き明かす。(「ジャナ研の憂鬱な事件簿」)卒業する真冬、苦悩する啓介。解き明かした「真実」の先に、待つものとは――。本格ミステリーに相応しい、重厚な謎と心揺さぶる真相。「憂鬱な事件簿」に光明が差す、シリーズ最終巻!!