• 本

物理的に孤立している俺の高校生活 8

ガガガ文庫 ガも3−18

出版社名 小学館
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-09-451848-1
4-09-451848-7
税込価格 660円
頁数・縦 251P 15cm
シリーズ名 物理的に孤立している俺の高校生活

商品内容

要旨

クリスマスイベントを終え、高校二年、冬休みに入った。イルミネーション広場で見た高鷲のココロオープンに考えを揺らされながら迎えた新年。俺はみんなと行った初詣で愛河への想いをより一層強くする。だが、全員が幸せになれる選択肢なんて、どれだけ存在するんだ?全員が幸せになれないといって、誰か一人以外は幸せになれる選択肢があった場合、それを選んでもいいんだろうか。高鷲や先輩からの後押しを背に、俺は愛河に想いを伝えるため、デートに誘う―青春未満ラブコメ、クライマックス間近の第8弾。

おすすめコメント

残念系異能力者たちは【好き】を考える。 クリスマスイベントを終え、高校二年、冬休みに入った。イルミネーション広場で見た高鷲のココロオープンに考えを揺らされながら迎えた新年。俺はみんなと行った初詣で愛河への想いをより一層強くする。だが、全員が幸せになれる選択肢なんて、どれだけ存在するんだ? 全員が幸せになれないといって、誰か一人以外は幸せになれる選択肢があった場合、それを選んでもいいんだろうか。高鷲や先輩からの後押しを背に、俺は愛河に想いを伝えるため、デートに誘う――青春未満ラブコメ、クライマックス間近の第8弾。

出版社・メーカーコメント

残念系異能力者たちは【好き】を考える。 クリスマスイベントを終え、高校二年、冬休みに入った。イルミネーション広場で見た高鷲のココロオープンに考えを揺らされながら迎えた新年。俺はみんなと行った初詣で愛河への想いをより一層強くする。だが、全員が幸せになれる選択肢なんて、どれだけ存在するんだ? 全員が幸せになれないといって、誰か一人以外は幸せになれる選択肢があった場合、それを選んでもいいんだろうか。高鷲や先輩からの後押しを背に、俺は愛河に想いを伝えるため、デートに誘う――青春未満ラブコメ、クライマックス間近の第8弾。