• 本

天の花嫁

小学館ルルル文庫 ルあ3−2

出版社名 小学館
出版年月 2011年10月
ISBNコード 978-4-09-452205-1
4-09-452205-0
税込価格 586円
頁数・縦 252P 15cm

商品内容

要旨

病気の母親を抱える杏麗は、その花を食べるとたちどころに病が治るという伝説の明蓮花を取りに竜成山へと旅に出る。しかし、そこで杏麗は、見てはならないものを見てしまい、人間界から天界へと連れ去られる。さらには天帝の息子と結婚し、子をなさなくてはならなくなったのだ。母の病気を治すどころか、まさか天界へと嫁ぐことになるとは…!?杏麗の操は守られるのか?大人気!葵木あんねが描く壮大な天界ファンタジー。

出版社・メーカーコメント

禁断の山を登った杏麗が出逢ったのは!? その山を登ると、帰って来られないという伝説のある竜成山。病気の母親を抱える杏麗は、その花を食べるとたちどころに病が治るという伝説の明蓮花を取りに竜成山へと旅に出る。しかし、そこで杏麗は、見てはならないものを見てしまい、人間界から天界へと連れ去られる。さらには天帝の息子と結婚し、子をなさなくてはならなくなったのだ。母の病気を治すどころか、まさか天界へと嫁ぐことになるとは・・・!? 天界と地上に残してきた母との狭間で、引き裂かれる思いの杏麗。しかし、天帝の息子・青遼の苦しみの過去と、杏麗への優しさに触れるたびに、どんどん青遼に惹かれていく。やがて妻となることを受け入れはじめるのだが、そんな時、母が重篤な状態に!?杏麗は、どうすればいいの・・・!? 大人気!葵木あんね、天界ファンタジーで登場!!

著者紹介

葵木 あんね (アオキ アンネ)  
第1回ルルルカップ応募作「女王家の華燭」を長編用に加筆・修正しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)