• 本

血と灰の女王 善悪の彼岸

出版社名 小学館
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-09-461134-2
4-09-461134-7
税込価格 1,540円
頁数・縦 293P 19cm

商品内容

要旨

それぞれのボスから共同の潜入調査の命令が下った狩野京児と鯨井慧。しかし、二人が訪れた先で待ち受けていたのは、シリアルキラー同士を戦わせる「殺人闘技場」だった!法では裁けぬ畜生を、狂気を狂気で、悪を悪で制するダークヒーロー活劇!

出版社・メーカーコメント

理外の畜生を狂気で制すダークヒーロー譚!狂気と理性の男、狩野京児。狂気を貪り、理性で猛る――己の命さえもゲームの天秤にかけ、獣のようにヴァンパイアを狩る日々にいた。その夜も「千里眼」と呼ばれるヴァンパイアを嬲り、断末魔の叫びを堪能していたが……死に際の千里眼が「数日のうちに、お前は大切なものを失う」と京児へ予言する。――翌日、京児に潜入調査の命令が下される。ユーベン側のヴァンパイア「鯨井慧」との共同調査だった。慧が語るには「とあるもの」が《ダークウェブ》を通じて、販売されているらしい。銃器、ドラッグ、殺人依頼、食肉用人間の手足に紛れ……「遺灰物(クレメイン)」が取引されていた。流通元を探るため、廃墟になった街へ向かう京児と慧。そこで待ち受けていたのは獰猛で狡猾なヴァンパイア――ではなく、人間の悪意が蔓延るブラックマーケット。シリアルキラー同士を殺し合わせる「殺人闘技場(ファイト・クラブ)」だった!法では裁けぬ畜生を、狂気を狂気で、悪を悪で制するダークヒーロー活劇!

著者紹介

バコ ハジメ (バコ ハジメ)  
長野県出身の男性。マンガワンで『血と灰の女王』を連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)