• 本

人形町末広圓生独演会 落語CDブック

出版社名 小学館
出版年月 2015年10月
ISBNコード 978-4-09-480127-9
4-09-480127-8
税込価格 29,700円
頁数・縦 105P 27cm

商品内容

目次

人形町末廣の圓生
本当に芸が沸騰ってきたのは、昭和三十年すぎてからでしょうね
人形町末廣 圓生独演会演目一覧
時の経つのを忘れて聴き入った九〇分。私の生涯最高の一席
直筆でいただいた独演会の案内状。圓生師には、人形町末廣がよく似合う
初めて体験した生の独演会。もっとまじめに聴いておけばよかった
周りより一等高い、黒瓦の二階建て。人形町末廣は堂々たる姿でした。
「お膝送り」の畳の感触が懐かしい。わがこころの人形町末廣
CD収録音源解説
私には理解も想像もできない高みで、自己を厳しく鼓舞しつづけた凄さ〔ほか〕

出版社
商品紹介

CD16枚に、人形町末広の圓生独演会の音源全23席を収録。すべて初CD化、「ちきり伊勢屋(上・下)」「吉住万蔵」「大名房五郎」など9席は初商品化音源。解説書は山本進、保田武宏、柳家三三らが執筆。

おすすめコメント

昭和30年代、伝説の「上り坂の芸」が復活 CD16枚と書籍のセット。CDには現存する人形町末広独演会の音源23席をすべて収録。全席初CD化、うち9席は初商品化です。音源編集、マスタリングは草柳俊一。書籍には人形町の独演会を実際に聴いた山本進、清水一朗、保田武宏、圓生の芸を敬慕する柳家三三らの証言を収録しました。文楽、志ん生とならぶ「昭和の名人」六代目三遊亭圓生も、終戦直後まではあまり売れませんでした。昭和25年、50歳を境に開眼し、昭和30年代にめきめきと力をつけていきます。その30年代に、人形町末広で圓生みずから主催していたのが「圓生独演会」です。圓生はこの独演会にすべてを賭け、ネタおろしの大作を次々と演じました。ある日、桟敷を埋めた満場の客を前に、圓生が大作を1時間以上、たっぷり演じ終えると、桟敷の後ろが空いて畳が見えたそうです。圓生の迫力に客が引き込まれ、知らず知らず高座のほうへにじり寄っていったのです。「芸は上り坂を聴け」と言われますが、この圓生独演会こそ、戦後最高の「上り坂の芸」と言えるでしょう。名人の頂きへと上り詰めていく、圓生の芸の本領が、鮮やかに蘇ります。【編集担当からのおすすめ情報】 CD収録の23席はすべて、圓生が自身の勉強と記録のために自分で録音したもの。その音源は、かつて一部がカセット等で発売されただけで、遺族のもとに保管されていました。今回、遺族の全面協力を得て、オープンリールのマスターテープからじかにマスタリング。咳払いなども極力カットせず、ありのままの高座をお届けします。

出版社・メーカーコメント

昭和30年代、伝説の「上り坂の芸」が復活CD16枚と書籍のセット。CDには人形町末広での圓生独演会の音源23席を収録しました。いずれも圓生が自ら録音したテープからの、ノーカットでの初CD化、うち9席は初商品化です。マスタリングは草柳俊一。書籍には独演会を実際に聴いた山本進、清水一朗、保田武宏、圓生の芸を敬慕する柳家三三らの証言を収録しました。文楽、志ん生とならぶ「昭和の名人」六代目三遊亭圓生も、終戦直後までは売れませんでした。昭和25年、50歳を境に開眼し、昭和30年代にめきめきと力をつけていきます。その30年代に、人形町末広で圓生自ら主催していたのが「圓生独演会」です。圓生はこの独演会にすべてを賭け、ネタおろしの大作を次々と演じました。ある日、桟敷を埋めた満場の客を前に、圓生が大作を1時間以上、たっぷり演じ終えると、桟敷の後ろが空いて畳が見えたそうです。圓生の迫力に客が引き込まれ、知らず知らず高座のほうへにじり寄っていったのです。「芸は上り坂を聴け」と言われますが、この圓生独演会こそ、戦後最高の「上り坂の芸」と言えるでしょう。名人の頂きへと上り詰めていく、圓生の芸の本領が、鮮やかに蘇ります。