• 本

きいちのぬりえ 昭和の暮らし編

大判シリーズ

出版社名 小学館
出版年月 2012年2月
ISBNコード 978-4-09-682110-7
4-09-682110-1
税込価格 734円
頁数・縦 1冊(ページ付なし) 30cm
シリーズ名 きいちのぬりえ

商品内容

要旨

「デコぬりえ」で広がるきいちワールド。色をぬり終えた後、その上に布や毛糸、シールやさまざざまな装飾品をはってデコレーションするのが「デコぬりえ」です。

出版社・メーカーコメント

新感覚の「デコぬりえ」にもぴったり!2005年から刊行が始まった「大判シリーズきいちのぬりえ」は、『昭和の暮らし編』『おしゃれ編』(同時発売)を数えて14冊めに突入。昭和を代表するぬりえ作家・蔦谷喜一の描く少女絵の世界は、大胆な主線で塗りやすく、時代を映し出すアイテムが満載です。『昭和の暮らし編』では、その名の通り、昭和の暮らしを思い起こさせるシーンがいっぱい。障子貼りに色水遊び、すごろくに蚊帳吊り……さらに塗るだけでなく、“切る・貼る”作業でぬりえをデコレーションする「デコぬりえ」のやり方も紹介。お手本を示しながら、ディスカウントストアで購入できるお手頃な手芸小物(布・毛糸・シールなど)を使って“ぬりえを盛る”方法をカラーでわかりやすく教えます。

著者紹介

蔦谷 喜一 (ツタヤ キイチ)  
大正3年(1914)、東京・京橋区(現・中央区)生まれ。17歳で日本画に目覚め、川端画学校などに学ぶ。20代半ばからぬりえを描き始め、戦後、彼の描く「きいちのぬりえ」は大ブームとなる。その後、三頭身の少女絵は、ポスターやテレビCM等にも起用された。晩年は風景画や美人画でも才能を発揮し、制作活動は、平成17年(2005)に91歳で没するまで続けられた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)