• 本

まあるいいのち ノエルの不思議な冒険

出版社名 小学館
出版年月 2010年9月
ISBNコード 978-4-09-726425-5
4-09-726425-7
税込価格 1,760円
頁数・縦 1冊(ページ付なし) 22cm

商品内容

要旨

ノエルちゃんと犬のきんすけは、冒険が大好き。きょうは、水の惑星「地球」にやってきました。「どんな生きものたちにあえるかな」ノエルちゃんときんのすけは、わくわくしています。ところが、生きものたちの間であらそいがたえません。どうしたら仲よくできるのかな。どうしたら、ひとりひとりのいのちを大切にできるのかな…。

出版社
商品紹介

ノエルちゃんと犬のきんのすけの大冒険。水の惑星「地球」にやってきたが、山が大噴火してしまう。共存や命の大切さに気づく本。

出版社・メーカーコメント

2010年は、生物多様性年に当たり、10月に愛知で開かれるCOP10など、国際イベントも多数予定されています。この絵本は、「国際多様性」をテーマに書かれた歌「まあるいいのち」を基に創作されました。 「生物多様性」とは、地球上には多様な生物が存在することを示すという造語です。環境破壊などで、一端失ってしまった多様性は、元に戻すことが出来ません。これは、現在、かつてないスピードで進行している生物多様性の喪失を食い止めるために、2010年を生物多様性元年と定めて、地球規模で活動をしていこうというものです。 IUCN国際自然保護連合の親善大使を務めるイルカは、「生物多様性」の大切さを、もっとわかりやすく、子どもから大人まで、伝えたいと思い、この物語を書きました。 お話は、イルカのイメージキャラクターであるノエルちゃんとそのお友だち、犬のきんのすけが、水の惑星「地球」にやってきて、森の生きものとふれあう中で、いろんな生きものたちが、共存することや、生命の大切さに気づいていきます。もととなっている「まあるいいのち」の歌のCDがついています。  編集担当者からのおすすめ情報 「生物多様性」とは、一見取っつきにくい難しい言葉に感じられますが、本当は、もっとシンプルなことです。「ひとりにひとつずつの大切ないのち」を持っていて、「みんなつながっている」という、単純明快なメッセージがこの絵本から強く伝わってきます。子どもから大人まで、わかりやすく語ったイルカの物語です。

著者紹介

イルカ (イルカ)  
東京生まれ。女子美術大学に在学中からフォークグループを結成、1974年ソロデビュー。1975年「なごり雪」が大ヒットし、シンガーとしての地位を確立する。1978年に長男を出産。2年間の休業ののち、ふたたび活動を始める。現在も、コンサート活動を中心に毎年全国ツアーをつづけている。2004年IUCN国際自然保護連合の初代親善大使に就任。2010年より女子美術大学芸術学部客員教授に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)