• 本

人生はあるあるである

小学館よしもと新書 Yれ1−1

出版社名 小学館
出版年月 2016年10月
ISBNコード 978-4-09-823504-9
4-09-823504-8
税込価格 858円
頁数・縦 189P 18cm

出版社・メーカーコメント

「あるある」は人生を生き抜く武器である誰にも思いつかないボケや、鋭い突っ込みができるわけではない。演技力のあるコントをこなせるわけでもない。料理やスポーツが得意なわけでもない……。特別な才能を持たない普通の人間が、多士済々の芸能界で生き残るにはどうすればいいのか。相方HGのブレイクの陰でどん底を見た芸人が手に入れたのは、「あるある」だった。「〜しがち」という短い言葉で物事の核心を突き、相手の共感を呼ぶ「あるある」は、初対面の人ともすぐに打ち解け合い、仲間を増やし、人生を楽しくしてくれるコミュニケーション術だ。本書は、RGの「あるある格言」を自身の半生を振り返りながら多数掲載。小学4年の熊本から愛媛への転校、学生プロレスでの相方HGや個性的な仲間との出会い、大阪での芸人デビュー、どん底時代、そして家族への想い……。折々の体験から学び、感じたことをあるあるに表現する。東日本大震災の際、著者は不安にかられている人を少しでも勇気づけようと、ツイッターでひたすらあるあるを発信した。最もリツイートされたのが次だ。〈「逆境」あるある……人間を成長させがち〉厳しい世の中を生き抜く武器となる“RG流あるある”の磨き方を明らかにする。