• 本

知らぬは恥だが役に立つ法律知識

小学館新書 302

出版社名 小学館
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-09-825302-9
4-09-825302-X
税込価格 858円
頁数・縦 222P 18cm

商品内容

要旨

痴漢えん罪は「名刺を渡せば逮捕されない」ってホント?離婚裁判で違法に集めた証拠は通用しないの?上司への悪口が「名誉毀損」になる?法律は我が身と権利を守ってくれる心強いもの。でも、適切にアピールしなかったり、法律があることすら知らなかったりすると、大損する場合がある。2017年、大幅に改正された民法と刑法のエッセンスを紹介しながら、「知らなかった!」とホゾを噛まないで済む法律の勘所を、テレビでもおなじみの萩谷麻衣子弁護士が丁寧に解説していく。

目次

第1章 痴漢、強姦、飲み屋のツケ―知っておきたい旬の法律
第2章 知らなかったじゃ済まされない法律の基礎知識
第3章 人には言えないお金のトラブル
第4章 男と女と家族のトラブル
第5章 毎日の暮らしを守る住まいの法律
第6章 働く人が知っておくべき法律

出版社・メーカーコメント

知らないと本当に損する法律知識法律は我が身と権利を守ってくれる心強いもの。でも、適切にアピールしなかったり、法律があることすら知らなかったりすると、大損する場合があります。しかも、弱者ほどその傾向が強いのです。消費者金融などに払いすぎていた利息を取り戻す「過払い金」返還、残業をしたのに払われていない「未払い残業代」問題などはその代表例でしょう。また、就学援助や生活保護なども、黙っていては支給されず、きちんと申請ししなければなりません。2017年、民法と刑法が大幅に改正されました。その重要な部分を紹介しながら、「知らなかった!」とホゾを噛まないで済む法律の勘所を、テレビでもおなじみの萩谷麻衣子弁護士が丁寧に解説。痴漢えん罪の正しい対処法、想像以上にこわい「おまとめローン」、離婚にかかる意外な費用など身近なテーマについて紹介していきます。

著者紹介

萩谷 麻衣子 (ハギヤ マイコ)  
1988年、慶応義塾大学法学部卒業。2004年に萩谷麻衣子法律事務所を設立。結婚、離婚、遺産相続、労働問題など、一般民事や企業法務、刑事裁判を数多く担当している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)