• 本

発想力 「0から1」を生み出す15の方法

小学館新書 336

出版社名 小学館
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-09-825336-4
4-09-825336-4
税込価格 924円
頁数・縦 286P 18cm

商品内容

要旨

いま人間がやっている仕事の多くが、AI(人工知能)やロボットに置き換えられようとしている。会社でも学校でも、単に「答え」を覚えているだけの人間は不要になる。自分の頭で人とは違う新しいことを考え、ブレークスルーを見出せる人間だけが生き残るのだ―。経営コンサルタントとして独自の発想法を磨き続ける著者が「無から有を生む」ためのメソッドをまとめた『「0から1」の発想術』を新書化。大前研一の思考ノウハウが詰まった一冊。

目次

新書版まえがき “AIにできないこと”をやれ―「人生100年時代」に何をどう学ぶか
はじめに―なぜ今「0から1」を生み出す力が重要なのか
基礎編 「0から1」を生み出す11の発想法(戦略的自由度/SDF(Strategic Degrees of Freedom)―消費者のニーズを正しくとらえるために
アービトラージ(Arbitrage)―情報格差こそビジネスチャンスになる
ニュー・コンビネーション(New Combination)―「組み合わせ」で新たな価値を提案する ほか)
実践編 「新たな市場」を作り出す4つの発想法(感情移入―ユニ・チャームはなぜ女性に受け入れられたか
どんぶりとセグメンテーション―大ヒットシャンプーの裏にあった考え方
時間軸をずらす―「コスト」がネックになった場合の対処法 ほか)
おわりに―「0から1」の次は「1から100」を目指せ

著者紹介

大前 研一 (オオマエ ケンイチ)  
1943年福岡県生まれ。経営コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社後、本社ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を歴任し、94年に退社。現在、ビジネス・ブレークスルー(BBT)代表取締役、BBT大学学長などを務め、日本の将来を担う人材育成に力を注いでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)