• 本

学校教育の戦後70年史 1945年〈昭和20〉〜2015年〈平成27〉

出版社名 小学館
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-09-840170-3
4-09-840170-3
税込価格 1,760円
頁数・縦 270P 21cm

商品内容

要旨

学校教育が子どもを育ててきた、そして日本をつくってきた―未来の学校教育をデザインするために、「年史」と「重要テーマの軌跡」で戦後70年の教育の歩みを明らかにする。「教育の出来事がひと目でわかる簡潔な年表」と「教育の重要な動きを的確にとらえた解説」に、世相を知る「時の動き」を加えて、その年の教育を一望する。各年、見開き2ページで構成。

目次

戦後教育70年史(一九四五年(昭和二〇)
一九四六年(昭和二一)
一九四七年(昭和二二)
一九四八年(昭和二三)
一九四九年(昭和二四) ほか)
重要テーマの軌跡(教育基本法
学校制度
中央教育審議会
教育委員会
学習指導要領 ほか)

おすすめコメント

戦後日本の学校教育の歴史をまとめた歴史書 戦後70年の日本における学校教育の歴史を、編年体および重要テーマ別にまとめた、教職者、教職志望者、教育行政関係者、教育学研究者のための必携参考書。編集委員に筑波大学教授・浜田博文先生と茨城大学准教授・加藤崇英先生を迎え、1945年から2015年までの日本の教育史を解説。編年体部では各年を見開きに収め、テーマ別部では25テーマを各4ページで概説。戦後の教育界の出来事が簡潔にニュートラルな視点でまとめられています。【編集担当からのおすすめ情報】 編年体部では各年を見開き2ページで、テーマ別では1テーマを4ページでまとめてあり、たいへん読みやすく、わかりやすい構成になっています!

出版社・メーカーコメント

戦後日本の学校教育の歴史をまとめた歴史書 戦後70年の日本における学校教育の歴史を、編年体および重要テーマ別にまとめた、教職者、教職志望者、教育行政関係者、教育学研究者のための必携参考書。編集委員に筑波大学教授・浜田博文先生と茨城大学准教授・加藤崇英先生を迎え、1945年から2015年までの日本の教育史を解説。編年体部では各年を見開きに収め、テーマ別部では25テーマを各4ページで概説。戦後の教育界の出来事が簡潔にニュートラルな視点でまとめられています。