• 本

写真でわかる世界の防犯 驚きのアイデアで犯罪を「あきらめさせる」 遺跡・デザイン・まちづくり

出版社名 小学館
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-09-840178-9
4-09-840178-9
税込価格 1,980円
頁数・縦 128P 26cm

商品内容

要旨

世界92カ国の史跡・建築・文化や学校・公園などを徹底分析!安全のポイントが直感的に伝わる、世界初の防犯写真集。

目次

第1章 機会なければ犯罪なし―世界標準の視点
第2章 戦争の歴史は防犯の歴史
第3章 城壁都市で市民を守る
第4章 犯罪が起こりにくい建物と街並み―ハード面の対策1
第5章 安全な交通を確保する都市計画―ハード面の対策2
第6章 地域社会の絆が犯罪を減らす―ソフト面の対策
第7章 子どもの安全を守る学校と公園
第8章 予防に勝る対策なし―未来予測の視点

出版社・メーカーコメント

遺跡や街に見られる防犯の知恵を結集! 世界92か国の遺跡や街並みを徹底分析した、世界初のオールカラー「防犯写真集」。「地域安全マップづくり運動」で日本人の防犯力アップを進める立正大学 小宮信夫教授。犯罪学者の著者が提唱する世界標準の「犯罪機会論」は、「犯罪は犯行の動機があるだけでは起こらず、動機を抱えた人が犯罪の機会(チャンス)に出合ったときに初めて起こる」というもの。そこで、機会をうかがう犯罪者が「心理的・物理的に犯罪をやりにくい条件とは」という目線で、世界遺産、住宅や道路、学校や公園、駅やトイレなどを調査。著者自らカメラ片手に、7年間世界を駆け巡り撮影した「安全な景色」の美しい写真とともに、「被害を防ぐ具体的方法」を徹底解説します。はるか昔、「敵から身を守るには、城や都市をどう築くべきか」という決死の思いで絞り出された知恵と工夫には、思わずハッとさせられます。現代建築や地域安全のテキストとしてはもちろん、行き先々で安全に過ごすための「旅の友」としてもお勧めの一冊。また、歴史やアート、映画や小説の「もう一つの楽しみ方」も教えてくれます。さらに、社会安全の向上に尽くしてきた、国松孝次・元警察庁長官の推薦文も必読です。

著者紹介

小宮 信夫 (コミヤ ノブオ)  
立正大学文学部教授。社会学博士。日本人として初めて英国ケンブリッジ大学大学院犯罪学研究科を修了。国連アジア極東犯罪防止研修所、法務省法務総合研究所などを経て現職。「地域安全マップ」の考案者。警察庁「持続可能な安全・安心まちづくりの推進方策に係る調査研究会」座長、東京都「非行防止・犯罪の被害防止教育の内容を考える委員会」座長などを歴任。情報処理技術者(経済産業省)と総合旅行業務取扱管理者(国土交通省)の国家資格も有する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)