• 本

新学習指導要領がめざすこれからの学校・これからの授業

出版社名 小学館
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-09-840183-3
4-09-840183-5
税込価格 2,200円
頁数・縦 224P 21cm

商品内容

要旨

先生方へのアンケートを通して、今、学校が抱える疑問や不安を捉え直し、その主なものについて3人の執筆者が分担して回答。新学習指導要領の意図するものやこれからの学校像・授業像について一緒に考えてみませんか。

目次

第1章 付けたい力(資質・能力)
第2章 カリキュラム・マネジメント
第3章 校種間のつながり
第4章 チーム学校
第5章 主体的・対話的で深い学び
第6章 これからの授業づくり
第7章 学習評価
第8章 外国語活動・外国語
第9章 特別の教科道徳
第10章 インクルーシブ教育

出版社・メーカーコメント

新学習指導要領がめざす学校像・授業像とは2020年に実施される、新学習指導要領に基づいた新しい学校教育。現行の学習指導要領からの大幅改訂にともない、学校や教育関係者の間に様々な戸惑いや不安があります。新学習指導要領の審議に携わった著者と共著者が、1000人を超える教員アンケートから浮かび上がった疑問・不安を捉え直し、新学習指導要領の意図するものについて、一つひとつのQに答える形で丁寧に解説していきます。◎1000通を超えるアンケートから導き出された主な疑問。Q.「社会に開かれた教育課程」とは?Q.カリキュラム・マネジメントはどこから始めればいい?Q.「主体的・対話的で深い学び」の視点による授業改善の具体とは?Q.校種間の連携・接続をどう進めていったらよいのか?Q.評価の観点が変わることで、学習評価はどのように変わっていくのか?Q.道徳が教科化されたが、今までの授業とどう変えていったらいいのだろう?Q.小学校において、外国語・外国語活動の授業を行うまでの道すじは?Q.インクルーシブ教育の実現に向けた課題は?