• 本

「行きたくない」が「行きたい」に変わる場所 こんな学校があってもいいんじゃないか!

出版社名 小学館
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-09-840190-1
4-09-840190-8
税込価格 1,650円
頁数・縦 191P 20cm

商品内容

要旨

いじめ、不登校、発達障がい、スポーツ、共生―共感しながら僕らは学ぶ。「学校」の枠も国境も飛び越えた星槎の挑戦。

目次

はじめに こんな学校があってもいいんじゃないか!(宮澤保夫(星槎グループ会長))
第1章 教師は「五者」であれ―ツルセミの教え(増田明雄(星槎学園運営委員長))
第2章 不登校の子どもと、どう関わるか(安部雅昭(星槎名古屋中学校校長))
第3章 選ぶのは子ども―オーダーメイドの授業(塩谷貴男(星槎国際高等学校生徒指導部長))
第4章 子どもの「フタ」をはずすしくみ(蓮田亮大(星槎中学校教頭))
第5章 「一生持ち続ける力」を引き出すために(井上一(学校法人国際学園理事長))

出版社・メーカーコメント

不登校児が毎日笑顔で通い始めるのはなぜ?2018年の文部科学省の調査によれば、いじめや不登校の認知件数は過去最多。現代の学校教育が対応できていないこの問題に、30年前から取り組み、素晴らしい成果を上げているのが星槎中学・高校をはじめとした星槎グループだ。不登校だった子が、星槎ではなぜ、毎日楽しそうに通い始めるの?星槎ではなぜ、いじめがないの?発達障害の子が、自分の持っている能力をグングン伸ばしはじめるのはなぜ?日本トップクラスのスポーツ選手を輩出するのはなぜ?本書では、既存の「学校」の枠を超えて子どもを伸ばし続ける星槎の驚くべきオリジナルな実践のすべてを紹介。教育関係者はもちろん、子育てに悩む保護者も必読の一冊!

著者紹介

宮澤 保夫 (ミヤザワ ヤスオ)  
星槎グループ会長。1949年7月27日東京都町田市生まれ。1972年、幼稚園の父母会室を借り生徒2人の学習塾「鶴ヶ峰セミナー(ツルセミ)」を開設。教育界に革命を起こし、子供たちのために必要な学びの場を作り続け、次々と新しい試みを続けている。一代で幼稚園から大学院までそろった星槎グループを立ち上げ、創立46年を迎える現在、全国で約36,000人が学んでいる。困難な環境にある世界の子どもたちを、主に教育、スポーツ、医療の分野でサポートする活動を行う「世界子ども財団」も設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)