• 本

銀河を渡る 全エッセイ

出版社名 新潮社
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-10-327519-0
4-10-327519-7
税込価格 1,944円
頁数・縦 461P 20cm

商品内容

要旨

移動する精神、25年を束ねる全エッセイ。

目次

第1部 鏡としての旅人―歩く(ペルノーの一滴
買物ブギ ほか)
第2部 過ぎた季節―見る(少年ジョー、青年ジョー
「石」の並びの物語 ほか)
第3部 キャラヴァンは進む―書く(檀の響き
ハイパントは謳えるか ほか)
第4部 いのちの記憶―暮らす(勝負あり
まだ、諦めない ほか)
第5部 深い海の底に―別れる(冬のひばり
熱を浴びる ほか)

著者紹介

沢木 耕太郎 (サワキ コウタロウ)  
1947年東京生れ。横浜国立大学経済学部卒業。ほどなくルポライターとして出発し、鮮烈な感性と斬新な文体で注目を集める。1979年『テロルの決算』で大宅壮一ノンフィクション賞、1982年に『一瞬の夏』で新田次郎文学賞。その後も『深夜特急』や『檀』など今も読み継がれる名作を次々に発表し、2006年『凍』で講談社ノンフィクション賞を、2014年に『キャパの十字架』で司馬遼太郎賞を受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)