• 本

作家との遭遇 全作家論

出版社名 新潮社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-10-327520-6
4-10-327520-0
税込価格 1,944円
頁数・縦 438P 20cm

商品内容

要旨

書物の森の中で、あるいは酒場の喧騒の中で、心奪われる出会いをしてきた23名の作家たち。「対象」と徹底して向き合うことで浮かび上がる作家たちのもうひとつの「素顔」は、時にやさしく、時に哀しく、時に烈しい。ファン必読、22歳の時の卒論「アルベール・カミュの世界」を初収録した全作家論集。

目次

必死の詐欺師―井上ひさし
青春の救済―山本周五郎
虚構という鏡―田辺聖子
記憶を読む職人―向田邦子
歴史からの救出者―塩野七生
一点を求めるために―山口瞳
無頼の背中―色川武大
事実と虚構の逆説―吉村昭
彼の視線―近藤紘一
運命の受容と反抗―柴田錬三郎
正しき人の―阿部昭
旅の混沌―金子光晴
絶対の肯定性
獅子のごとく―高峰秀子
ささやかな記憶から―吉行淳之介
天才との出会いと別れ―檀一雄
虚空への投擲―小林秀雄
乱調と諧調と―瀬戸内寂聴
彼らの幻術―山田風太郎
スポーツライターの夢―P・R・ロスワイラー
苦い報酬―T・カポーティ
旅するゲルダ―ゲルダ・タロー

著者紹介

沢木 耕太郎 (サワキ コウタロウ)  
1947年東京生れ。横浜国立大学経済学部卒業。ほどなくルポライターとして出発し、鮮烈な感性と斬新な文体で注目を集める。1979年『テロルの決算』で大宅壮一ノンフィクション賞、1982年に『一瞬の夏』で新田次郎文学賞。2006年『凍』で講談社ノンフィクション賞を、2014年に『キャパの十字架』で司馬遼太郎賞を受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)