• 本

日本の喜劇人 決定版

出版社名 新潮社
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-10-331828-6
4-10-331828-7
税込価格 3,960円
頁数・縦 551,7P 20cm

商品内容

要旨

エノケンから志村けんまで―彼らの魅力溢れる心技体。“笑い”に憑かれた者たち!八十余年、芸を観続けた著者が喜劇人の秘密へ迫る名著、大幅な加筆改稿を経て、遂に決定版刊行。

目次

日本の喜劇人(古川緑波―丸の内喜劇の黄金時代
榎本健一―THE ONE AND ONLY
森繁久彌の影―伴淳三郎・三木のり平・山茶花究・有島一郎・堺駿二・益田喜頓
占領軍の影―トニー谷・フランキー堺
道化の原点―脱線トリオ・クレイジー・キャッツ
醒めた道化師の世界―日活活劇の周辺
クレイジー王朝の治世
上昇志向と下降志向―渥美清・小沢昭一
大阪の影雫―『てなもんや三度笠』を中心に
ふたたび道化の原点へ―てんぷくトリオ・コント55号・由利徹
藤山寛美―伝統の継承と開拓と
日本の喜劇人・再説
高度成長のあと)
日本の喜劇人2(植木等
藤山寛美
伊東四朗)
附・小林信彦インタビュー ぼくは幸運だった

著者紹介

小林 信彦 (コバヤシ ノブヒコ)  
1932(昭和7)年、東京・旧日本橋区米沢町(現・中央区東日本橋2丁目)に和菓子屋の長男として生れる。幼少期より、多くの舞台や映画に触れて育った。早稲田大学文学部英文科卒業後、江戸川乱歩の勧めで「宝石」に短篇小説や翻訳小説の批評を寄稿(中原弓彦名義)、「ヒッチコックマガジン」創刊編集長を務めたのち、長篇小説『虚栄の市』で作家デビュー。創作のかたわら、日本テレビ・井原高忠プロデューサーに誘われたことがきっかけで、坂本九や植木等などのバラエティ番組、映画の製作に携わる。その経験はのちに『日本の喜劇人』執筆に生かされ、同書で1973(昭和48)年、芸術選奨新人賞を受賞。以来、ポップ・カルチャーをめぐる博識と確かな鑑賞眼に裏打ちされた批評は読者の絶大な信頼を集めている。主な小説作品に『うらなり』(菊池寛賞受賞)などがある。また映画や喜劇人についての著作も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)