• 本

廃炉 「敗北の現場」で働く誇り

出版社名 新潮社
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-10-332092-0
4-10-332092-3
税込価格 1,760円
頁数・縦 253P 20cm

商品内容

要旨

福島第一原発では40年かかる廃炉作業が今日も続く。最先端の技術と使命感を胸に、高放射線量の下、数多の困難を乗り越える技術者。彼らを支えるバックヤードの人々。福島を離れまいと異動を拒む官僚。「加害者」になることを厭わず、東電を選んだ新入社員たち―。逆境の中、しんがりを務める彼らの、熱き想いを紡ぐ。

目次

第1章 福島に留まり続けるある官僚の決意
第2章 四号機を覆え
第3章 イチエフのバックヤードで働く人々
第4章 高線量瓦礫は夜運ばれる
第5章 廃炉創造ロボコンの若者たち
第6章 東芝の二人
第7章 事故後入社の東電社員たち

著者紹介

稲泉 連 (イナイズミ レン)  
1979(昭和54)年、東京生れ。早稲田大学第二文学部卒。2005年『ぼくもいくさに征くのだけれど―竹内浩三の詩と死』(中公文庫)で第36回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)