• 本

光の犬

出版社名 新潮社
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-10-332813-1
4-10-332813-4
税込価格 2,160円
頁数・縦 441P 20cm

商品内容

文学賞情報

2018年 第6回 河合隼雄物語賞受賞
2017年 第68回 芸術選奨・文部科学大臣賞(文学関係)受賞

要旨

北の町に根づいた一族三代と、そのかたわらで人びとを照らす北海道犬の姿。信州・追分に生まれ、助産婦となって道東の町・枝留にやってきた祖母。戦前に隆盛をきわめた薄荷工場の役員である祖父。川釣りと北海道犬が趣味の生真面目な父。子どもたちを頼みに生きる専業主婦の母。幼なじみの牧師の息子と恋をする歩。レコードと本に没頭する気難しい始。いずれも独身のまま隣に暮らす、父の三姉妹。祖母の幼少時である明治期から、50代になった始が東京から帰郷し、父母と三人のおばたちの老いにひとり向きあう現在まで、100年にわたる一族の、たしかにそこにあった生のきらめきと生の翳りを、ひとりひとりの記憶をたどるように行きつ戻りつ描きだす、新作長篇小説。

著者紹介

松家 仁之 (マツイエ マサシ)  
1958年、東京生まれ。編集者を経て、2012年、長篇小説『火山のふもとで』を発表(第64回読売文学賞受賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)