• 本

経営者 日本経済生き残りをかけた闘い

出版社名 新潮社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-10-350522-8
4-10-350522-2
税込価格 1,836円
頁数・縦 287P 20cm

商品内容

要旨

三菱、トヨタ、セブン&アイ、東芝…会社を「滅ぼす」のは誰か。企業の命運を決めたリーダー達の葛藤と決断。

目次

第1章 戦後日本経済のリーダーたち(武藤山治とカネボウの「滅びの遺伝子」
二度引退した“財界鞍馬天狗”中山素平 ほか)
第2章 高度消費社会の革命児たち(中内〓(いさお)―流通革命と『わが安売り哲学』
伊藤雅俊と鈴木敏文、今生の別れ ほか)
第3章 グローバル時代の変革者たち(ジョブズになれなかった男、出井伸之
“最後の財界総理”奥田碩の栄光と挫折 ほか)
第4章 新しい時代の挑戦者たち(柳井正の永久革命
豊田章男が背負う「トヨタの未来」 ほか)

著者紹介

永野 健二 (ナガノ ケンジ)  
1949年生まれ。京都大学経済学部卒業後、日本経済新聞社入社。証券部の記者、兜クラブキャップ、編集委員として、バブル経済やバブル期の様々な経済事件を取材する。その後、日経ビジネス編集長、産業部長、日経MJ編集長として会社と経営者の取材を続け、名古屋支社代表、大阪本社代表、BSジャパン社長などを歴任した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)