• 本

MISSING失われているもの

出版社名 新潮社
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-10-393402-8
4-10-393402-6
税込価格 1,650円
頁数・縦 259P 20cm

商品内容

要旨

この女優に付いていってはいけない―。小説家は、母の声に導かれ彷徨い続ける。『限りなく透明に近いブルー』からひと筋に続く創造の軌跡!5年ぶり、待望の長編小説!

おすすめコメント

『限りなく透明に近いブルー』からひと筋に続く、創造の軌跡の集大成5年ぶり、待望の長篇小説にして最高傑作! 「こんな小説を書いたのは初めてで、もう二度と書けないだろう」 この女優に付いていってはいけない──。 主人公の小説家は、なぜ「混乱と不安しかない世界」に迷い込んだのか? 予兆はあった。彼は制御しがたい抑うつや不眠に悩み、カウンセリングを受けていたのだ。そして一人の女優が迷宮の扉を開け、小説家は母の声に導かれ彷徨い続ける……。

出版社・メーカーコメント

この女優に付いていってはいけない――制御しがたい抑うつや不眠に悩んでいた小説家は、混乱と不安しかない世界に迷い込み、母の声に導かれて迷宮を彷徨い続ける。『限りなく透明に近いブルー』から44年。ひと筋に続く創造の軌跡の集大成にして重要な新境地作。「こんな小説を書いたのは初めてで、もう二度と書けないだろう」。

著者紹介

村上 龍 (ムラカミ リュウ)  
1952年長崎県佐世保市生まれ。武蔵野美術大学中退。大学在学中の76年『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、芥川賞を受賞。81年『コインロッカー・ベイビーズ』で野間文芸新人賞、98年『イン・ザ・ミソスープ』で読売文学賞、2000年『共生虫』で谷崎潤一郎賞、05年『半島を出よ』で毎日出版文化賞、野間文芸賞、11年『歌うクジラ』で毎日芸術賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)