• 本

公孫龍 巻2

赤龍篇

出版社名 新潮社
出版年月 2022年4月
ISBNコード 978-4-10-400429-4
4-10-400429-4
税込価格 1,870円
頁数・縦 291P 20cm
シリーズ名 公孫龍

商品内容

要旨

周王朝末期、宮廷内の陰謀で命を狙われ姿を消した後、商人となった公孫龍。公子を助け強国趙の信頼を得たが、その後継者を巡る争いに巻き込まれる。君主となった恵文王と親しい公孫龍だったが、先代の父王(主父)は兄・安陽君の側についた。果たして主父の真の狙いは。一方、公孫龍が拠点とするもう一つの国・燕に、魏から楽毅が使者として到着した。公孫龍は、武将としての力量に注目し、楽毅を留まらせようとする。

出版社・メーカーコメント

古代中国・戦乱の世に現れた謎の英傑・公孫龍の活躍――第二巻は楽毅も登場! 春秋戦国時代末期、宮廷の陰謀によって命を狙われ、周王朝の王子という身分を捨て商人として生きる青年・公孫龍。類まれな洞察力と胆力を発揮するその活躍は、諸侯も無視できぬようになる。強国趙の後継者争いに巻き込まれ、その隣国燕では稀代の軍略家・楽毅を獲得すべく奔走する――宮城谷文学最高傑作、血潮燃ゆる第二部。