• 本

ベージュ

出版社名 新潮社
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-10-401807-9
4-10-401807-4
税込価格 1,650円
頁数・縦 109P 20cm

商品内容

要旨

誕生と死。時間。途上の感覚。忘却の快感。声のひびき。『二十億光年の孤独』以来の豊かな詩世界が結実する。未収録作+書き下ろしからなる31篇の最新詩集。

目次

あさ
香しい午前
退屈な午前
イル
この午後
その午後
にわに木が
階段未生
この階段
路地
十四行詩二〇一六(日々のノイズ
詩人の死
明日が
新聞休刊日
川の音楽
人々
夜のバッハ
六月の夜
泣きたいと思っている
蛇口
「その日」
窓際の空きビン
汽車は走りさり わたしは寝室にいる
顔は蓋

色即是空のスペクトラム
何も
裸の詩
言葉と別れて
詩の捧げ物
どこ?)

著者紹介

谷川 俊太郎 (タニカワ シュンタロウ)  
1931年東京生れ。詩人。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行。以来二五〇〇を超える詩を創作、海外でも評価が高まる。多数の詩集、散文、絵本、童話、翻訳があり、脚本、作詞、写真、ビデオも手がける。1983年『日々の地図』で読売文学賞、1993年『世間知ラズ』で萩原朔太郎賞、2010年『トロムソコラージュ』で鮎川信夫賞、2016年『詩に就いて』で三好達治賞など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)