• 本

もう少し浄瑠璃を読もう

出版社名 新潮社
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-10-406116-7
4-10-406116-6
税込価格 1,944円
頁数・縦 314P 20cm

商品内容

要旨

意外なことに『曾根崎心中』というのは「恋」を描くことだけをテーマにした、日本で最初の演劇作品なのです。―『曾根崎心中』。「熊谷陣屋」は、収拾のつかないほど無惨な物語です。なんだって、並木宗輔はこんなドラマを書かなければならなかったのでしょう?私の思うところはただ一つです。「泣くことが許されない男のためのドラマを書く」です。―『一谷嫩軍記』。他、『夏祭浪花鑑』『双蝶々曲輪日記』『摂州合邦辻』などを精読。ぶっ飛んだ設定、複雑なドラマの中に愛おしい人間達が息づく―。最高の案内人が遺した最後の案内。

目次

『小栗判官』をご存じですか
『出世景清』という新しい浄瑠璃
恋のはじめの『曾根崎心中』
浪花のヤンキーの『夏祭浪花鑑』
『双蝶々曲輪日記』のヒューマンドラマ
虚もまた実の『摂州合邦辻』
「熊谷陣屋」の『一谷嫩軍記』
不条理が顔を出す『伊賀越道中双六』

おすすめコメント

近世が生んだ名作を精読すれば、ぶっ飛んだ設定、複雑なドラマの中に、愛おしい人間達が息づく。最高の案内人が遺した最後の案内書。