• 本

警察手帳

新潮新書 707

出版社名 新潮社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-10-610707-8
4-10-610707-4
税込価格 864円
頁数・縦 254P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

人気テレビドラマなどでしばしば描かれる「警察」。ただしフィクションの常として、現実とは乖離していたり、誇張されすぎたりするため、その実態は一般には詳しく知られていないだろう。本書では警察キャリアとしてさまざまな警察の現実を知悉(ちしつ)したミステリ作家が、30万人の職員を抱える巨大組織の仕組みと実態、警察官の実像に迫っている。「個人の生命・身体・財産の保護」「公共の安全と秩序の維持」という目的を実現するために周到に構築された組織やシステム、その中で働く個人や部署の意識や行動を知ることで、公共とは、組織とはどうあるべきかのヒントが得られるだろう。著者は、警察署、警察本部、警察庁、さらに警察大学校に主任教授として勤務。フランスに派遣され、調査研究やストラスブール市警察本部でフランス国家警察警視としての経験もある。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2017年07月11日]

商品内容

要旨

警察ほどおもしろい組織はない―三〇万人もの警察職員はどのような仕事をしているのか?刑事とはどんな人か?警察手帳の中身は?ドラマとの違いは何?そもそも警察官になるには?待遇や昇進の条件は?警察庁とは何か?キャリアとノンキャリアの関係は?警察キャリア出身の作家だからこそここまで書けた、徹底的にリアルな巨大組織の掟と人間学。

目次

序章 警察手帳と私
第1章 警察官への道(警察官になる!!
警察官むきの人とは? ほか)
第2章 刑事の生きざま(そもそも「刑事」とは?
刑事のステレオタイプ―血液型占いにしてみると? ほか)
第3章 警察組織の掟(「警察」とは何か?―組織の面から
日本警察の仕組み―アウトラインと「ヌエ」 ほか)
第4章 三〇万警察職員の人間学(職業的人格形成―後天的に獲得されるマインド
上官との関係 ほか)

おすすめコメント

初めて書かれた“超絶リアル”な巨大組織! こんなにおもしろい組織はない――“敏腕刑事”の条件は? 捜査の心得は? ドラマとの違いは?……警察キャリア出身の作家だから書けた「日本の警察」の掟と人間学。

著者紹介

古野 まほろ (フルノ マホロ)  
東京大学法学部卒業。リヨン第三大学法学部修士課程修了。学位授与機構より学士(文学)。警察庁1種警察官として警察署、警察本部、海外、警察庁等で勤務し、警察大学校主任教授にて退官。警察官僚として法学書多数。作家として小説多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)