• 本

女系図でみる日本争乱史

新潮新書 831

出版社名 新潮社
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-10-610831-0
4-10-610831-3
税込価格 792円
頁数・縦 190P 18cm

商品内容

要旨

みんな身内の争いだった―母親が誰かに注目した「女系図」を丹念に読み解けば、日本史のややこしい部分がすべてクリアに見えてくる。なぜ中大兄皇子は長い間天皇に即位しなかったのか、応仁の乱の本当の原因は何だったのか、徳川慶喜はなぜ戦わずして降伏したのか。乙巳の変(大化の改新)、新羅親征、壬申の乱、平将門の乱、関ヶ原合戦、戊辰戦争等、日本の転機となった争乱の見方が一変する一冊。

目次

第1講 乙巳の変と大化の改新―天皇の妻子が増える時
第2講 新羅親征―中大兄はなぜすぐに即位しなかったのか
第3講 壬申の乱―持統天皇の革新性
第4講 恵美押勝の乱―女系で栄え、女系で滅ぶ
第5講 薬子の変と母子処罰三事件―卑母腹と廃太子
第6講 平将門の乱と前九年・後三年の役―婚姻が招いた大争乱
第7講 保元の乱と源平合戦―悪口とお下がり妻
第8講 承久の乱―本当に女の戦いだったのか?
第9講 応仁の乱―相続の転換期が生んだ大乱
第10講 関ヶ原合戦・大坂の陣―淀殿悪女説の出所
第11講 戊辰戦争―女系図が恨みの連鎖をほどく

おすすめコメント

みんな身内の争いだった――母親が誰かに注目した「女系図」を丹念に読み解けば、日本史のややこしい部分がすべてクリアに見えてくる。なぜ中大兄皇子は長い間天皇に即位しなかったのか、応仁の乱の本当の原因は何だったのか、徳川慶喜はなぜ戦わずして降伏したのか。乙巳の変(大化の改新)、新羅親征、壬申の乱、平将門の乱、関ヶ原合戦、戊辰戦争等、日本の転機となった争乱の見方が一変する一冊。

著者紹介

大塚 ひかり (オオツカ ヒカリ)  
1961(昭和36)年生まれ。早稲田大学第一文学部日本史学専攻卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)