• 本

明治のワーグナー・ブーム 近代日本の音楽移転

中公叢書

出版社名 中央公論新社
出版年月 2016年4月
ISBNコード 978-4-12-004841-8
4-12-004841-1
税込価格 2,530円
頁数・縦 395P 20cm

商品内容

要旨

西洋音楽が日本にもたらされて一五〇年。日本人は洋楽を短期間に、徹底して取り入れたが、これは世界にも稀な事例なのだ。では、どのようにして洋楽を是とする価値観が生まれ、新しい感性が習得され、コンサートなどの実践が受け入れられたのか。世紀転換期の明治末、宗教学者・姉崎正治(嘲風)の雑誌論文に端を発する「ワーグナー・ブーム」は、日本の洋楽受容の縮図と言っていい。洋楽の流入経路、それに関わった役人や学者、音楽家、「お雇い」教師たちの意図と役割を詳細に辿り、日本近代化のもう一つの流れを描き出す鮮やかな社会文化史。

目次

序章 明治のワーグナー・ブーム
第1章 シューマンの「薩摩潟」
第2章 文明国にふさわしい響き
第3章 「敗者」たちの洋楽
第4章 「お雇い」の奮闘
第5章 二人の洋楽徒―留学・栄達・屈折
第6章 洋楽と明治のハビトゥス
補章 「ワーグナー」はどこから来たか
第7章 「時代閉塞」を打破するタンホイザー
終章 頭を通して聴く音楽

おすすめコメント

西洋音楽に文明を見た明治の人々。洋楽は日本人の感性をどう変えて行ったのか。奇態なワーグナー・ブームが語る文化受容のドラマ。

著者紹介

竹中 亨 (タケナカ トオル)  
1955年、大阪市に生まれる。京都大学大学院文学研究科博士前期課程修了。東海大学文学部助教授などを経て、大阪大学大学院文学研究科教授。博士(文学)。専門はドイツ近現代史、日独文化移転史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)