• 本

文章読本X

出版社名 中央公論新社
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-12-004911-8
4-12-004911-6
税込価格 1,650円
頁数・縦 170P 20cm

商品内容

目次

1 文章がうまくなりたくて
2 文章を削ることについて
3 文体という考え方
4 文章についていっておきたいこと
5 独自の文章を極める
6 作家や文筆家を目ざす人のために

おすすめコメント

文章を書くことの敷居がインターネットの普及により歴史上最も低くなった現代。SNS時代の「文章の書き方」を実践的に指南する。

出版社・メーカーコメント

インターネットの普及により、文章を書くことの敷居が歴史上最も低くなった現代。過去の『文章読本』の歴史的意義を再確認するとともに、SNS時代の「文章の書き方」を実践的に指南する。

著者紹介

小谷野 敦 (コヤノ アツシ)  
1962年(昭和37)茨城県生まれ、埼玉県育ち。東京大学文学部英文科卒業、同大学院比較文学比較文化専攻博士課程修了、学術博士(比較文学)。大阪大学言語文化部助教授、国際日本文化研究センター客員助教授などを経て、文筆業。2002年、『聖母のいない国』でサントリー学芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)