• 本

イギリス帝国の歴史 アジアから考える

中公新書 2167

出版社名 中央公論新社
出版年月 2012年6月
ISBNコード 978-4-12-102167-0
4-12-102167-3
税込価格 968円
頁数・縦 288P 18cm

商品内容

文学賞情報

2013年 第14回 読売・吉野作造賞受賞

要旨

かつて世界の陸地の約四分の一を領土として支配したイギリス帝国。その圧倒的な影響力は公式の植民地だけにとどまらなかった。本書は近年のグローバルヒストリーの研究成果をふまえ、アジアとの相互関係に注目しつつ、一八世紀から二〇世紀末までの帝国の形成・発展・解体の過程を考察する。今や世界経済の中心はアジア太平洋経済圏にシフトしつつある。そのシステムの基盤を作り上げた帝国の意義を明らかにする試みである。

目次

序章 現代アジアの経済的再興とイギリス帝国(世界のGDPの変容とアジア
現代インドの経済発展と英印ビジネス関係の変容
現代イギリス経済の変容―ロンドン・シティの繁栄と多文化主義)
第1章 環大西洋世界と東インド―長期の一八世紀(イギリス帝国の起源
商業革命とイギリス帝国―西インド諸島と北米植民地
北米植民地とアメリカ独立戦争
東インド会社とアジア貿易
イギリス産業革命の歴史的起源と帝国)
第2章 自由貿易帝国とパクス・ブリタニカ(旧植民地体制の解体
自由貿易帝国主義と帝国の拡張―一九世紀中葉の帝国
ジェントルマン資本主義の帝国―金融と帝国
ヘゲモニー国家イギリスと近代日本
イギリス帝国のソフトパワー)
第3章 脱植民地化とコモンウェルス(帝国からドミニオン、コモンウェルスへ
ヘゲモニー国家から構造的権力へ
脱植民地化の進展とスターリング圏
バクス・アメリカーナと帝国の終焉)
終章 グローバルヒストリーとイギリス帝国

出版社・メーカーコメント

今や大西洋経済圏からアジア太平洋経済圏へとシフトしつつある世界システムの基盤を作り上げた帝国の意義を明らかにする。

著者紹介

秋田 茂 (アキタ シゲル)  
1958年生まれ。81年、広島大学文学部史学科卒業。85年、同大学文学研究科中退。博士(文学、大阪大学)。大阪外国語大学外国語学部助教授を経て、大阪大学文学研究科世界史講座教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)