• 本

物語哲学の歴史 自分と世界を考えるために

中公新書 2187

出版社名 中央公論新社
出版年月 2012年10月
ISBNコード 978-4-12-102187-8
4-12-102187-8
税込価格 972円
頁数・縦 321P 18cm

商品内容

要旨

哲学とは何だろうか―。人間が世界と向き合い、自分の生の意味を顧みるとき、哲学は生まれた。古代から二一世紀の現代まで、人間は何を思考し、その精神の営為はどのような歴史を辿ってきたのだろうか。本書は、その歴史を「魂の哲学」から「意識の哲学」「言語の哲学」を経て、「生命の哲学」へと展開する一つのストーリーとして描く。ヘーゲル、シュペングラー、ローティの歴史哲学を超えた、新しい哲学史への招待。

目次

序章 哲学史のストーリー
第1章 魂の哲学―古代・中世(「魂」という原理
アテナイの哲学―プラトンとアリストテレス
地中海の哲学)
第2章 意識の哲学―近代(科学革命の時代―デカルトの登場
心身問題
経験論と超越論的観念論の立場)
第3章 言語の哲学―二〇世紀(論理学の革命
ケンブリッジから
アメリカへ)
第4章 生命の哲学―二一世紀へ向けて(生の哲学
ジェイムズとベルクソン
エコロジカルな心の哲学)

おすすめコメント

「魂の哲学」から「意識の哲学」「言語の哲学」を経て「生命の哲学」へ。二一世紀までを一つのストーリーとして描く、新しい哲学史。

著者紹介

伊藤 邦武 (イトウ クニタケ)  
1949(昭和24)年、神奈川県に生まれる。京都大学大学院博士課程修了。85年『パースのプラグマティズム』により文学博士。91年同大学文学部助教授。95年同大学大学院文学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)