• 本

地図と愉しむ東京歴史散歩 カラー版 地形篇

中公新書 2227

出版社名 中央公論新社
出版年月 2013年7月
ISBNコード 978-4-12-102227-1
4-12-102227-0
税込価格 1,080円
頁数・縦 247P 18cm

商品内容

要旨

東京の街は、意外と複雑な地形の上にできている。海に突き出した前方後円墳、谷底の渋谷駅、人工的に作られた御茶ノ水の渓谷、川を埋めて生まれた戸越銀座、消えた日暮里の坂など、山と坂、濠と川に彩られた東京の姿を古地図で紹介。さらに、「城南五山」をはじめ、麻布や高輪、本郷や目白など、あちこちの山の上に存在した華族や富豪の邸宅の移り変わりを解説する。一八〇以上の「都心の「山」のお屋敷」リストを収載。

目次

第1部 東京の不思議な地形を歩く(皇居の山と谷、都心の聖と俗
水と崖が生みだした町
渋谷は地形の見本市
水にも尾根筋と谷筋がある
鉄道地形論序説
不思議な窪地と消えた坂
川を埋めて造成した商店街)
第2部 東京お屋敷山物語(元老・元勲の山
宮さまの山
華族の山
富豪の山)

著者紹介

竹内 正浩 (タケウチ マサヒロ)  
1963年、愛知県生まれ。1985年、北海道大学卒業。JTBで20年近く旅行雑誌『旅』などの編集に携わり、各地を取材。退社後、地図や近代史研究をライフワークとするフリーライターに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)