• 本

オスカー・ワイルド 「犯罪者」にして芸術家

中公新書 2242

出版社名 中央公論新社
出版年月 2013年11月
ISBNコード 978-4-12-102242-4
4-12-102242-4
税込価格 972円
頁数・縦 298P 18cm

商品内容

要旨

『サロメ』『幸福な王子』『ドリアン・グレイの画像』など多くの著作と数々の警句で知られる「世紀末芸術の旗手」オスカー・ワイルド。アイルランドに生まれ、オックスフォード大学在学中から頭角を現した青年期に始まり、同性愛裁判に敗北し、保守的なイギリス社会から追放される晩年まで。「私は人生にこそ精魂をつぎ込んだが、作品には才能しか注がなかった」―どの作品よりも起伏と魅力に富んだ彼の生涯をたどる。

目次

第1章 「オスカー・ワイルド」になるまで
第2章 オスカー・ワイルド、世に出る
第3章 犯罪者にして芸術家
第4章 絶頂期の禁断の恋
第5章 世紀末を賑わせた裁判
第6章 深き淵にて
第7章 墓場からの帰還
終章 新生

著者紹介

宮崎 かすみ (ミヤザキ カスミ)  
1961年(昭和36年)、北海道に生まれる。東京大学大学院総合文化研究科博士課程中退。横浜国立大学准教授などを経て、和光大学表現学部総合文化学科教授。専攻、英文学・思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)