• 本

仕事と家族 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか

中公新書 2322

出版社名 中央公論新社
出版年月 2015年5月
ISBNコード 978-4-12-102322-3
4-12-102322-6
税込価格 858円
頁数・縦 209P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

男性中心の労働環境のため女性が活躍しづらく、少子化が深刻な日本。仕事と家族のあり方は限界にきている。一方、「大きな政府」を代表するスウェーデンと「小さな政府」を代表するアメリカは正反対の国と思われがちだが、実は働く女性が多く、出生率も高いという点で共通している。それはなぜか。歴史的な視点と国際比較を通じて日本の現在地を示し、目指すべき社会を考える。この国で働き、家族と暮らす全ての人へ。

目次

第1章 日本は今どこにいるか?
第2章 なぜ出生率は低下したのか?
第3章 女性の社会進出と「日本的な働き方」
第4章 お手本になる国はあるのか?
第5章 家族と格差のやっかいな関係
終章 社会的分断を超えて

おすすめコメント

人口減少、長時間労働、格差――問題山積の日本の「仕事と家族」。豊富なデータによる国際比較を通して、日本が目指すべき道を示す。

著者紹介

筒井 淳也 (ツツイ ジュンヤ)  
1970年、福岡県生まれ。一橋大学社会学部卒業、同大大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。博士(社会学)。現在、立命館大学産業社会学部教授。専門は家族社会学・計量社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)