• 本

沖縄現代史 米国統治、本土復帰から「オール沖縄」まで

中公新書 2342

出版社名 中央公論新社
出版年月 2015年10月
ISBNコード 978-4-12-102342-1
4-12-102342-0
税込価格 994円
頁数・縦 366P 18cm

商品内容

要旨

太平洋戦争中、地上戦で20万人強の犠牲者を出した沖縄。敗戦後、米国統治下に置かれ、1972年に本土復帰を果たすが、広大な基地は残された。復帰後の沖縄は保革が争いながら政治を担い、「基地依存経済」の脱却を図る。だが95年の米兵少女暴行事件を契機に、2010年代には普天間基地移転・歴史認識を巡り、保革を超えた「オール沖縄」による要求が国に行われる。本書は、政治・経済・文化と、多面的に戦後沖縄の軌跡を描く。

目次

第1章 「沖縄戦」後の米軍占領1945〜52
第2章 「島ぐるみ」の抵抗1952〜58
第3章 沖縄型高度経済成長1958〜65
第4章 本土復帰へ1965〜72
第5章 復帰/返還直後―革新県政の苦悩1972〜78
第6章 保守による長期政権―変わる県民意識1978〜90
第7章 反基地感情の高揚―「島ぐるみ」の復活1990〜98
第8章 「オール沖縄」へ―基地・経済認識の転換1998〜2015

おすすめコメント

27年間の米国統治を経て復帰後も広大な基地が残された沖縄。米国の影、革新県政、基地移転を巡り特異な道を歩んだ戦後70年を描く

著者紹介

櫻澤 誠 (サクラザワ マコト)  
1978(昭和53)年新潟県生まれ。2001年立命館大学文学部史学科日本史学専攻卒業。08年立命館大学大学院文学研究科博士課程後期課程修了。博士(文学)。立命館大学文学部助手、日本学術振興会特別研究員などを経て、13年4月より立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員。専門は日本近現代史・沖縄現代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)