• 本

地球の歴史 上

水惑星の誕生

中公新書 2398

出版社名 中央公論新社
出版年月 2016年10月
ISBNコード 978-4-12-102398-8
4-12-102398-6
税込価格 950円
頁数・縦 259P 18cm
シリーズ名 地球の歴史

商品内容

要旨

偶然が生んだ奇跡の水惑星―地球は太陽系の数ある惑星のなかで唯一環境が安定した「水惑星」である。生命が生まれ、進化を遂げることができたのはなぜか。上巻では一三八億年前の宇宙誕生=ビッグバンから説き起こし、銀河系や太陽系、そして地球が分化する過程を追う。灼熱のマグマの海だった地球は、マグマの冷却や大陸の分裂・合体を繰り返しながら、厚い大気の層と穏やかな海を持つに至った。全三巻でたどる地球四六億年の旅がここに始まる。

目次

第1章 太陽系惑星・地球の誕生(宇宙の大構造と銀河系
太陽系の誕生
地球から飛び出した男)
第2章 マグマオーシャンの冷却と核・マントルの分化(マグマオーシャンの冷却と固結
核とマントルの分化
上部マントル・下部マントル・地殻の分化)
第3章 プレート・テクトニクス開始と大陸の成長(プレート・テクトニクスの始まり
地殻の誕生
大陸の分裂・合体とウィルソンサイクル)
第4章 大気と海洋の誕生と炭素循環(生命の星「水惑星」の誕生
海洋の誕生
炭素の循環)

おすすめコメント

全三巻でたどる地球四六億年の旅。上巻では宇宙誕生から説き起こし、物質の自己組織化を経て、太陽系や地球として分化する状況を語る

著者紹介

鎌田 浩毅 (カマタ ヒロキ)  
1955年(昭和30年)、東京都に生まれる。1979年東京大学理学部地学科卒業。通産省地質調査所、米国内務省カスケード火山観測所を経て、1997年より京都大学大学院人間・環境学研究科教授。日本火山学会理事、日本地質学会火山部会長、気象庁活火山改訂委員、内閣府災害教訓継承分科会委員などを務める。1996年日本地質学会論文賞受賞。2004年日本地質学会優秀講演賞受賞。専攻は火山学、地球科学。理学博士(東京大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)