• 本

入門公共政策学 社会問題を解決する「新しい知」

中公新書 2439

出版社名 中央公論新社
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-12-102439-8
4-12-102439-7
税込価格 864円
頁数・縦 228P 18cm

商品内容

要旨

社会問題はますます複雑になり、既存の学問では十分な解決策を提示できない―そうした意識から生まれた「公共政策学」。政治学や行政学、経済学など多分野の知識を総合化した新しい学問だ。専門家のみならず、市民の「知」も取り入れるなど、問題解決に役立つ学問へと進化している。本書は、少子高齢化、シャッター商店街、生活保護、学力低下など、日本の課題を例に取り、公共政策学のエッセンスを伝える入門書である。

目次

第1章 なぜ公共政策学か
第2章 問題―いかに発見され、定義されるのか モデルケース:少子化対策
第3章 設計―解決案を考える モデルケース:中心市街地活性化政策
第4章 決定―官僚と政治家の動き モデルケース:一般用医薬品インターネット販売規制政策
第5章 実施―霞が関の意図と現場の動き モデルケース:生活保護政策
第6章 評価―効果の測定と活用 モデルケース:学力向上政策
第7章 公共政策をどのように改善するか

おすすめコメント

多様な学問を総合化し、複雑な社会問題の解決を目指す「公共政策学」。少子化など具体的課題を例にとり、この新しい学問を解説する。

著者紹介

秋吉 貴雄 (アキヨシ タカオ)  
1971年、大分県生まれ。2000年、一橋大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学。熊本大学大学院社会文化科学研究科教授を経て、13年より中央大学法学部教授。博士(商学)。著書『公共政策の変容と政策科学―日米航空輸送産業における2つの規制改革』(有斐閣、2007年、日本公共政策学会奨励賞、日本交通学会賞(著書の部)、住田航空奨励賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)